Tickle.Tickle(ティコティコ)インターナショナル音楽教室|英語とリベラルアーツ教育で人間力を育てる

英語とリベラルアーツ教育で
人間力を育てる音楽教室

Tickle.Tickle International Music School

TEACHER

先生紹介

国内外で、演奏者・指導者として活躍する
講師陣が、
日々指導の研究を重ねた、
身につくレッスンを提供しています。

代表

辻 英子|Violin

3歳よりヴァイオリンを始める。大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業。(英)トリニティ音楽大学ディプロマ修了。(米)バークリー音楽院サマーストリングスフリングコース修了。(英)ウィンブルドンにてジェイミーアエバーソルドJazzワークショップ参加。LTCL リサイタルプログラム 最優秀判定ディスティンクション付き合格。第11回中国国際コンクール万里の長城杯第3位。これまでに山田恵子、村田宜子、宗倫匡、ベティナ・シュミット、ヤン・グァン・シェン、ティモシー・グッド、藤川真弓各氏に師事。jazzヴァイオリンをトロンボーン宗清洋氏に師事。

現在フリーランスヴァイオリニストとしてテレビ出演、コンサート活動中。国内外でオーケストラエキストラ奏者、アーティストサポートの他バラエティーや歌番組番組等に数多く出演する。関西を代表するハウスミュージュックユニットA Hundred Birds Orchestra ストリングスメンバー。五嶋みどり『ミュージックシェアリング』サポーティングアーティスト。大阪音楽大学演奏員、大阪音楽大学付属音楽院講師。日本絃楽指導者協会正会員。Music Mind Games Unit 1修了。MusicTogether®認定講師。

講師

青木 香奈|Piano/ Music Together

中、高校時代をフランスで過ごす。コンセルバトワールブローニュビヤンクール音楽学校を経て大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業。在学中、交換留学生として再度渡仏し音楽学校にて学ぶ。これまでに泉能理子、池田麻理、池田玲子、伊藤隆之、ニコラ・マラフト、シューマン・アカー、油井美加子の各氏に師事。

仁科 人美|Violin

兵庫県宝塚市出身。 三歳よりヴァイオリンを始める。相愛高校音楽科を卒業後、渡米し、インディアナ大学ジェイコブス音楽院ヴァイオリン科を卒業。同大学院ヴァイオリン科と古楽器科を卒業。帰国後、指揮者佐渡裕芸術監督の「兵庫芸術文化センター管弦楽団」のコアメンバー、レジデントプレー ヤーを経て、現在オーケストラや室内楽、バイオリンの指導などに活動中。

横田 詠美|Violin

大阪音楽大学音楽学部器楽学科卒業。在学中、N.セデルニケ氏による公開レッスン生として演奏。枚方新人演奏会出演。京都国際学生音楽フェステバルに日本の学生代表として出演。伊丹シティフィルハーモニーではコンサートミストレスを務めた。2000年に渡英、研鑽を積む。
現在、大阪音楽大学付属音楽院さくら夙川校講師、大阪・神戸にてインターナショナルスクール講師など後進の指導の傍ら、国内ミュージシャンとの共演や海外アーティストとの楽曲制作・楽曲提供など、クラシックだけにとどまらず幅広いジャンルにて演奏活動を続ける。

山本 英恵|Violin ensemble

大阪音楽大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン卒業。ドイツに渡り、ミュンヘンとヴュルツブルクにて、ヴィオラと室内楽の研鑽を積む。これまでに、ヴァイオリンを北浦洋子氏に、ヴィオラをファビオ・マラーノ、ユルゲン・ヴェーバー各氏に、また室内楽を故クラウス・シュトルク氏に師事。現在は、後進の指導と、演奏活動を行う。
青年海外協力隊員として、パナマ国立大学芸術学部に派遣され、ヴィオラ講師として指導。オーケストラ、室内楽団との演奏活動のほか、在パナマ日本大使館、大統領府などで演奏した。また、地方に赴き、演奏会や、ヴァイオリン・リコーダー教室を開き、楽器に触れる機会のない子供たちのために活動。五嶋みどり主宰ミュージックシェアリングサポーティングアーティスト。

藤盛 祐輔|Violin emsemble

英国王立音楽院より奨学助成金を受け学士課程、修士課程修了。2009年、指揮者藤岡幸夫/関西フィルハーモニー管弦楽団と共演。2011年、イギリスマーロー音楽祭にて二つのコンクール部門で最優秀賞を受賞し、受賞者コンサートに出演。2013年、東日本大震災復興プロジェクト「千の音色でつなぐ絆」にてTUNAMIヴァイオリンを演奏。辻久子、リチャード・ディーキン、北浦洋子、各氏に師事。現在関西を拠点に演奏活動を行う。

森下 保子|Violin[音楽の集い レント]

大阪音楽大学器楽学科ヴァイオリン専攻卒業。宝塚歌劇団オーケストラ、オペラハウス管弦楽団を経て現在、後進の指導と音楽療法士として活躍中。(日本音楽療法学会認定音楽療法士)

細谷 公三香|Cello

国立ヴェローナ音楽院(伊)に学び、首席で卒業。その間数々の室内楽コンクールで優勝、室内オーケストラ‘La Risonanza’の首席を務めイタリア各地、ロシアでツアーを行い、ヴェローナアレーナオーケストラとソリストとして共演など精力的に活動する。その後ザルツブルグモーツァルテウム大学院にて研鑽を積み、ザルツブルグ音楽祭に参加。兵庫芸術文化センター管弦楽団、オーケストラ・ジャパン(TOJ)に在籍。在籍中アフィニス音楽祭に参加。
2013年の帰国リサイタルをはじめ、現在は定期的にリサイタルを行っている。またソロにとどまらず、全国各地のオーケストラに客演、チェロアンサンブル、N響メンバーによる奏楽堂シリーズへの出演など幅広く演奏活動を行っている。2019年6月にソウルで行われたアジアチェロフェスティバルには日本人代表として招待された。これまでに斉藤建寛、林俊昭、エンリコ・ブロンズィ、ウェン=シン・ヤンの各教授に師事、ヨーロッパ各地のマスタークラスに参加し、フランス・ヘルマーソン氏、クリストフ・ヘンケル氏などのレッスンを受講。